m_shige1979のささやかな抵抗と欲望の日々

プログラムの勉強をしながら学習したことや経験したことをぼそぼそと書いていきます

Github(変なおっさんの顔でるので気をつけてね)

https://github.com/mshige1979

go言語の学習:gocvで画像を作成して出力

gocv

Home :: GoCV - Golang Computer Vision Using OpenCV 3
opencvでなんかいろいろやってくれるライブラリ

インストールするまでくっそ面倒

macの場合はbrew installで簡単そうですけど
なんかいろいろエラーでて大変でした
pythonいれたり、クリーンアップしたり、brew docterして問題解決したり色々やったなあ…
・多分、最新バージョンならwindowsでもできると思います

ソース

package main

import (
	"image"
	"image/color"

	"gocv.io/x/gocv"
	"log"
	"os/user"
	"time"
	"os"
	"image/jpeg"
)

var w = 640
var h = 480

func main() {
	// 描画領域作成
	atom := gocv.NewMatWithSize(h, w, gocv.MatTypeCV8UC3)
	defer atom.Close()

	// 色定義
	black := color.RGBA{0, 0, 0, 0}
	blue := color.RGBA{0, 0, 255, 0}
	red := color.RGBA{255, 0, 0, 0}
	white := color.RGBA{255, 255, 255, 0}
	yellow := color.RGBA{255, 255, 0, 0}

	// 短径描画
	gocv.Rectangle(&atom,image.Rect(0, 0, 640, 480), white, -1)
	gocv.Rectangle(&atom,image.Rect(10, 10, 100, 100), black, 5)
	gocv.Rectangle(&atom,image.Rect(200, 15, 300, 350), blue, 5)
	gocv.Rectangle(&atom,image.Rect(10, 400, 600, 470), yellow, -1) // -1の場合は塗りつぶし
	gocv.Rectangle(&atom,image.Rect(40, 350, 550, 450), red, -1) // -1の場合は塗りつぶし

	// 多角形描画
	ps := make([][]image.Point, 1)
	p := make([]image.Point, 4)
	p[0] = image.Pt(int(0.1*float64(w)), int(0.1*float64(h)))
	p[1] = image.Pt(int(0.1*float64(w)), int(0.4*float64(h)))
	p[2] = image.Pt(int(0.3*float64(w)), int(0.2*float64(h)))
	p[3] = image.Pt(int(0.3*float64(w)), int(0.1*float64(h)))
	ps[0] = p
	gocv.DrawContours(&atom, ps, 0, red, -1) // -1の場合は塗りつぶし

	// ユーザディレクトリ取得して保存先を作成
	user, err := user.Current()
	if err != nil {
		log.Println(err)
		return
	}
	file_path := user.HomeDir + "/Desktop/" + time.Now().Format("20060102150405") + ".jpg"

	// 保存
	//gocv.IMWrite(file_path, atom)

	// 画像に変換
	image, err := atom.ToImage()
	if err != nil {
		log.Println(err)
		return
	}

	// file出力
	file, errOs := os.Create(file_path)
	if errOs != nil {
		log.Println(err)
		return
	}
	defer file.Close()

	// jpeg形式で出力
	if err := jpeg.Encode(file, image, &jpeg.Options{100}); err != nil {
		log.Println(err)
		return
	}

	/*
	// bytes変換
	var jpegBytes []byte
	buf := bytes.NewBuffer(jpegBytes)
	if err := jpeg.Encode(buf, image, nil); err != nil {
		log.Println(err)
	}
	jpegBytes = buf.Bytes()
	*/

}

できたもの(適当)
f:id:m_shige1979:20180728200639j:plain

本来は

webカメラの情報をキャプチャして取得するとかもできますけど
持っているwebカメラではだけでした(´・ω・`)

所感

複雑な画像編集することが容易にできるような感じとのこと
文字入れたり、グレースケールとかできたらやってみたい