m_shige1979のささやかな抵抗と欲望の日々

プログラムの勉強をしながら学習したことや経験したことをぼそぼそと書いていきます

なんとなく作ったサイト

http://www.it-check-matome.info/


Github(注意すること)

https://github.com/mshige1979

Azure App FunctionsでLINE Botへプッシュ送信してみる

LINE Botにプッシュ送信はしたことあるけど

AWSのラムダとかはあまり使ったことがないので動かせるかはわからないのでやってみる

準備

LINEの開発アカウントは取得しておく
LINE Business Center

App Functionsを用意

前回のものを利用

npmインストー

Kuduを起動する

f:id:m_shige1979:20170717230744p:plain

CMDを選択する

f:id:m_shige1979:20170717230754p:plain

コマンドを確認する

f:id:m_shige1979:20170717230804p:plain

jsアプリの場所まで移動し、npm installを実施

f:id:m_shige1979:20170717230815p:plain

スクリプト修正

index.js
module.exports = function (context, myBlob) {
    // Blob情報
    var msg = "blobInfo " + "\n" +
        "Name:" + context.bindingData.name + "\n" +
        "Size:" + myBlob.length + "Bytes" + "\n";

    var accessToken = "チャネルアクセストークン";

    var request = require('request');
    var options = {
        uri: "https://api.line.me/v2/bot/message/push",
        method: "POST",
        headers: {
            "Content-type": "application/json",
            "Authorization": "Bearer " + accessToken
        },
        json: {
            "to": "テスト用のプッシュID",
            "messages":[{
                "type": "text",
                "text": msg
            }]
        }
    };
    request.post(options, function(error, response, body){
        context.log("error");
    });
    
    context.done();
};

実行

f:id:m_shige1979:20170717231107p:plain

所感

なんかちょっと遅く感じるような…
設定などに応じて時間が少しかかっているのかもしれない
まあ、動作することは確認できたのでOKとする