m_shige1979のささやかな抵抗と欲望の日々

プログラムの勉強をしながら学習したことや経験したことをぼそぼそと書いていきます

なんとなく作ったサイト

http://www.it-check-matome.info/


Github(注意すること)

https://github.com/mshige1979

vagrant上に Redisをインストールする

Redis

キーバリュー型のNoSQLデータベースらしいMongoDBとかちょっと違う感じのやつ

環境

vagrant上のCentOS7

インストール

epelインストール
sudo yum -y install epel-release
redisインストール
sudo yum -y install redis
バージョン確認
$ redis-cli -v
redis-cli 2.8.19
$
自動起動して、起動
sudo systemctl enable redis
sudo systemctl start redis

起動

$ redis-cli
127.0.0.1:6379> set test hoge1
OK
127.0.0.1:6379> get test
"hoge1"
127.0.0.1:6379>
127.0.0.1:6379> set test2 aaaa
OK
127.0.0.1:6379>
127.0.0.1:6379> keys *
1) "test2"
2) "test"
127.0.0.1:6379>
127.0.0.1:6379> exit
$

外部から接続

ホストへredisをインストール
brew install redis
接続元編集

/etc/redis.conf

#bind 127.0.0.1
bind 0.0.0.0

※bindを変更する

接続元のredisを再起動
sudo systemctl restart redis
ホストより接続
$ redis-cli -h 192.168.33.10
192.168.33.10:6379> keys
(error) ERR wrong number of arguments for 'keys' command
192.168.33.10:6379> keys *
1) "test2"
2) "test"
192.168.33.10:6379>
192.168.33.10:6379> get test
"hoge1"
192.168.33.10:6379>
192.168.33.10:6379> get test2
"aaaa"
192.168.33.10:6379> exit
$

所感

複雑なデータを管理するのには向かない感じだけどちょっとだけ残しておきたいデータを管理するのには役に立ちそう。
Spring Bootでセッション管理するのにつかうような記事が多かったのでこれを使ってみる。

広告を非表示にする