m_shige1979のささやかな抵抗と欲望の日々

プログラムの勉強をしながら学習したことや経験したことをぼそぼそと書いていきます

なんとなく作ったサイト

http://www.it-check-matome.info/


Github(注意すること)

https://github.com/mshige1979

AWSのSESでメールを送信する

AWS SES

メールを送信するサービス。
なんかやれば受診もできるらしい

最初は制限がある

サンドボックスバージョンらしいので
外部へのメール送信など遅れるメール数とかいろいろ制限があるらしい

今回やること

メールアドレスを登録して登録したメールアドレスの送信ができるようにする

設定

SES起動

f:id:m_shige1979:20161101225618p:plain

リージョンを変更する

f:id:m_shige1979:20161101225727p:plain
※東京のリージョンはNG

Email Addressを選択

f:id:m_shige1979:20161101225833p:plain

「Verify a New Email Address」を選択

f:id:m_shige1979:20161101225943p:plain

検証するメールアドレスを設定

f:id:m_shige1979:20161101225913p:plain

メールアドレスを送信したことを確認して「Close」を押下

f:id:m_shige1979:20161101230106p:plain

状態を確認

f:id:m_shige1979:20161101230142p:plain

メールを受診して、検証する

f:id:m_shige1979:20161101230332p:plain

検証確定

f:id:m_shige1979:20161101230444p:plain

メールアドレスのステータスで成功したことを確認

f:id:m_shige1979:20161101230522p:plain

メール送信テスト

f:id:m_shige1979:20161101230547p:plain

テストデータを設定して送信

f:id:m_shige1979:20161101230627p:plain

テスト結果

f:id:m_shige1979:20161101230650p:plain

メール送信に関するメトリクスを表示する

f:id:m_shige1979:20161101230718p:plain

CLIより送信

コマンド
$ aws \
    --region us-west-2 \
    ses send-email \
    --to 認証したメールアドレス \
    --from 認証したメールアドレス \
    --subject "テストメール" \
    --text "テストメールCLI"
{
    "MessageId": "010101581711c314-cee268da-3979-4145-8775-27cc03c883ea-000000"
}
$

f:id:m_shige1979:20161101230854p:plain

所感

この時点ではサンドボックスの状態なので1日の送信量や認証していないメールアドレスへの送信などの制限がかかるので解除が必要。
単体ではあまり意味がないのでlambdaなどと連携できるようにしてみる。

広告を非表示にする