読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

m_shige1979のささやかな抵抗と欲望の日々

プログラムの勉強をしながら学習したことや経験したことをぼそぼそと書いていきます

なんとなく作ったサイト

http://www.it-check-matome.info/


Github(注意すること)

https://github.com/mshige1979

Unityで2Dゲームサンプル(サンプルアセットを使用した当たり判定)

前回はただ、サンプルを動作させただけ

ちょっと別のアセットでやってみる

プロジェクト作成

新規にプロジェクトを作成する

f:id:m_shige1979:20141126005352p:plain

初期画面

f:id:m_shige1979:20141126005521p:plain

アセットをwebより取得

Asset Storeへアクセス

f:id:m_shige1979:20141126005822p:plain

importを行う

f:id:m_shige1979:20141126010011p:plain

f:id:m_shige1979:20141126010119p:plain

f:id:m_shige1979:20141126010314p:plain
※asetsが追加されていること

シーン編集

シーンの名前をつけて保存し、「Scene01」とする

f:id:m_shige1979:20141126010523p:plain

#Sceneに切り替えて「Assets」>「Splites」>「_Enviroments」より背景を設定

f:id:m_shige1979:20141126010943p:plain

カメラの表示サイズを変更

f:id:m_shige1979:20141126011211p:plain
これで全体が見える

「Assets」>「Prefabs」>「Characters」より「hero」を追加

f:id:m_shige1979:20141126011632p:plain

「env_BigBen」を編集して当たり判定を追加して画面外にいかないようにする

f:id:m_shige1979:20141126012413p:plain

  • 1つめ

x y
size 0.5 5
center -23.5 -11

  • 2つめ

x y
size 0.5 5
center 23.5 -11

  • 3つめ

x y
size 48 1
center 0 13

ビルド

Build Settingsでシーンを設定する

f:id:m_shige1979:20141126013240p:plain

実行

f:id:m_shige1979:20141126013619p:plain

所感

手順がいろいろ面倒な感じがするけど、当たり判定などが簡単にできるので作りやすい感じがする
サンプルのアセットだけどこれでなんか超簡単なアクションを作れるか試す

ちょっとモチベーションが下がり気味の場合はこんな感じのものをやるもの手かもしれない