読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

m_shige1979のささやかな抵抗と欲望の日々

プログラムの勉強をしながら学習したことや経験したことをぼそぼそと書いていきます

なんとなく作ったサイト

http://www.it-check-matome.info/


Github(注意すること)

https://github.com/mshige1979

golangのフレームワークrevel(リクエストパラメータ)

前回の続き

前回はインストールして実行だけなのでちょっとURLを指定してそれぞれに応じたページを表示する

ルーティング設定

conf/routes
# Routes
# This file defines all application routes (Higher priority routes first)
# ~~~~

module:testrunner

GET     /                                       App.Index
GET     /hoge                                   App.Hoge
POST    /hogePost                               App.HogePost

# Ignore favicon requests
GET     /favicon.ico                            404

# Map static resources from the /app/public folder to the /public path
GET     /public/*filepath                       Static.Serve("public")

# Catch all
*       /:controller/:action                    :controller.:action

※左から「メソッド名、URI、アプリパス」になっているようです。
今回は/hogeと/hogePostを追加してGET、POSTをやってみる

コントローラー

app/controllers/app.go
package controllers

import "github.com/revel/revel"

type App struct {
	*revel.Controller
}

func (c App) Index() revel.Result {

	revel.WARN.Println("app.go Index start")

	return c.Render()
}

func (c App) Hoge() revel.Result {

	revel.WARN.Println("app.go Hoge start")

	msg := "test message"
	return c.Render(msg)
}

func (c App) HogePost(name string, age string, memo string) revel.Result {

	revel.WARN.Println("app.go HogePost start")

	return c.Render(name, age, memo)
}

※app.goで共通処理を指定してhoge.goとかでコントローラー別の処理を追加するのもいいかも

ビュー

app/views/App
├── hoge.html
├── hogePost.html
└── Index.html

※コントローラーの名前でディレクトリを作成してその配下にアクション名のビューファイルを作成する

app/views/App/index.html
{{set . "title" "Home"}}
{{template "header.html" .}}

<header class="hero-unit" style="background-color:#A9F16C">
  <div class="container">
    <div class="row">
      <div class="hero-text">
        <h1>It works!</h1>
        <p></p>
      </div>
    </div>
  </div>
</header>

<div class="container">
  <div class="row">
    <div class="span6">
      {{template "flash.html" .}}
    </div>
  </div>
</div>

{{template "footer.html" .}}
app/views/App/hoge.html
{{set . "title" "Home"}}
{{template "header.html" .}}

Hoge Message
<form action="/hogePost" method="post">
    名前:<input type="text" name="name" /><br />
    年齢:<input type="text" name="age" /><br />
    メモ:<input type="text" name="memo"><br />
    <input type="submit" value="押す" />
</form>

{{ .msg }}

{{template "footer.html" .}}
app/views/App/hogePost.html
{{set . "title" "Home"}}
{{template "header.html" .}}

Hoge Message
<div>
    name:<span>{{ .name }}</span><br />
</div>
<div>
    age:<span>{{ .age }}</span><br />
</div>
<div>
    memo:<span>{{ .memo }}</span><br />
</div>

<a href="/hoge">back</a>

{{template "footer.html" .}}

テンプレートの定義は他の言語のフレームワークと似ている感じがするけどデータ構造がまだわかっていないのでどんな感じで使用できるかを確認しないといけない

確認

f:id:m_shige1979:20141109222326p:plain
f:id:m_shige1979:20141109222341p:plain
f:id:m_shige1979:20141109222353p:plain

ログ出力

revel.WARN.Println("app.go Index start")

これでログ出力できる

所感

簡単なパラメータを設定していく方法はわかった。
というかまだ、go言語のノウハウがほとんどないので無謀な感じがする。
最近はgo言語のサンプルがネットにあるのでそれをいろいろとみてから理解していこうと思う。