m_shige1979のささやかな抵抗と欲望の日々

プログラムの勉強をしながら学習したことや経験したことをぼそぼそと書いていきます

なんとなく作ったサイト

http://www.it-check-matome.info/


Github(注意すること)

https://github.com/mshige1979

swiftの学習(xcodeでカウンターを作成)

xcodeの学習でカウンターアプリを作った

アプリとは言えないけどまあ雰囲気で…

こんなんです
f:id:m_shige1979:20140927205118p:plain

プロジェクトの作成

シングルページアプリケーションを指定

f:id:m_shige1979:20140927205312p:plain

プロジェクトは適当に設定

f:id:m_shige1979:20140927205424p:plain

Createで作成

f:id:m_shige1979:20140927205524p:plain

GUI設定

Main.storyboradを選択しGUIの設定画面を表示する

f:id:m_shige1979:20140927210624p:plain

右下のオブジェクト?よりラベルなどを選択してドラッグする

f:id:m_shige1979:20140927211309p:plain

アイテムを選択してフォントなどを調整することもできる

f:id:m_shige1979:20140927211611p:plain

同じようにして他のアイテムも設定する

f:id:m_shige1979:20140927211909p:plain

表示してみる

f:id:m_shige1979:20140927212034p:plain
※右よりになっている?

位置を確定する必要があるので設定する

f:id:m_shige1979:20140927212416p:plain

真ん中によった

f:id:m_shige1979:20140927212634p:plain

アイテムとコードの関連付け

ペインを切り替えてソースを見えるようにする

f:id:m_shige1979:20140927212927p:plain
※この状態にすることが必要

指定したアイテムをcontrolキーを押したままドラッグする

f:id:m_shige1979:20140927213258p:plain

以下のようなダイアログを表示するので名前などを設定する

f:id:m_shige1979:20140927213403p:plain

とりあえず、ラベルとボタンを関連付け
ViewController.swift
import UIKit

class ViewController: UIViewController {

    @IBOutlet weak var lbl_title: UILabel!
    @IBOutlet weak var btn_countUp: UIButton!
    @IBOutlet weak var lbl_counter: UILabel!
    @IBOutlet weak var btn_reset: UIButton!
    
    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        // Do any additional setup after loading the view, typically from a nib.
    }

    override func didReceiveMemoryWarning() {
        super.didReceiveMemoryWarning()
        // Dispose of any resources that can be recreated.
    }


}
ボタンのプッシュイベントは以下の設定となる

f:id:m_shige1979:20140927214246p:plain
※connectionの欄が「action」になります

処理

初期化処理やプッシュ時の処理を記述
ViewController.swift
import UIKit

class ViewController: UIViewController {

    @IBOutlet weak var lbl_title: UILabel!
    @IBOutlet weak var btn_countUp: UIButton!
    @IBOutlet weak var lbl_counter: UILabel!
    @IBOutlet weak var btn_reset: UIButton!
    
    var count = 0
    
    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        // Do any additional setup after loading the view, typically from a nib.
        
        lbl_title.text = "かうんたー"
        lbl_counter.text = "\(count)"
        btn_countUp.setTitle("おす", forState: .Normal)
        btn_reset.setTitle("もどす", forState: .Normal)
        
    }

    override func didReceiveMemoryWarning() {
        super.didReceiveMemoryWarning()
        // Dispose of any resources that can be recreated.
    }

    @IBAction func btn_pushCoutUp(sender: AnyObject) {
        count++
        lbl_counter.text = "\(count)"
    }
    
    @IBAction func btn_pushCoutReset(sender: AnyObject) {
        count = 0
        lbl_counter.text = "\(count)"
    }
}
確認

f:id:m_shige1979:20140927221130p:plain

なんかうまく動かなかったこと

アイテムの動きがおかしい場合は一度ここを削除してヒモ付をなかったコトにする必要があったよう

f:id:m_shige1979:20140927221415p:plain

所感

ボタンがボタンに見えない(´・ω・`)
アイテムの設定やイベントの設定は簡単そう。複数の画面を移動する場合でまたいろいろと悩むかも
こんな感じのサンプルアプリをいくつかつくってアプリ作成に慣れていくことにする。